探偵事務所の責任の所在の有無



探偵事務所の責任の所在の有無

同じ調査を依頼するのであれば、できるだけ良質な探偵事務所に依頼したいのは、言うまでもありません。その方が、調査そのものの質も良くなるし、得られる結果だって異なってくるからです。ここでは、良質な探偵事務所であるかどうかを見抜くためには、どんな点に着眼すれば良いのかについてお話します。

まず大切になるのは、探偵事務所の責任の所在の有無です。どの探偵事務所に調査を依頼するにしても、調査に対して誰かが責任を持つようになります。調査を行う以上、それなりの労力が必要になるのはもちろんのこと、費用だって少なからずかかってきます。そうなると、探偵事務所としては1つ1つの調査に対して責任を持って行わないといけません。さもないと、依頼主から多大なクレームを頂くことになります。ましてはそれぞれの調査の責任者が誰なのか分からない状態では、本当に調査を依頼して良いのかどうか分かりません。

もし調査の責任者を明確にできていないと、もし何か問題があった時に、その責任者に不明点を質問することなどもできず、せっかく費用や時間をかけて調査をしても、それが無駄になってしまいます。もちろんですが、このような結果で終わることは、何があっても避けたいものです。同じ調査をするなら有意義なものにしたいですし、それならば責任の所在についても明らかにしておいた方が、後になって困ることがありません。本当に良質な探偵事務所であれば、言うまでもなくこの点は明らかにしてくれます。

関連記事

  1. 見極めのための究極の質問
  2. 成功に関する明確な基準の有無
  3. 調査員個人のスキル
  4. 探偵事務所で使用する機材の性能
  5. 尾行や撮影の能力
  6. 浮気調査に関する詳細の説明
  7. 浮気調査業者のスタッフのスキル
  8. 浮気調査業者のスタッフの経験
  9. 浮気調査業者の事務所の有無
  10. 業界団体への登録の有無