時間料金型の浮気調査の特徴



時間料金型の浮気調査の特徴

同じ浮気調査でも、業者が異なってくれば、料金体系も異なってきます。これは当然と言えば当然のことなのですが、きちんと知らないまま浮気調査を依頼するようなことになると、後になって自分が困ってしまうことになるので、言うまでもなく、前もって知っておきたいところです。ここでは、色々な料金体系の中でも、時間料金型の浮気調査の特徴についてお話します。

この時間料金型とは、文字通り、浮気調査を行った時間数に応じて料金が課金されるシステムのことを言います。もし少ない時間で浮気調査が完結するのであれば、料金は高くなりません。しかし、時間が長くかかった場合は、その分高い料金が課金されることになります。この時間料金型を採用している業者は、大抵の場合は1時間いくらという風に、1時間単位で料金を設定していることが多いです。

というのも、そのような料金設定の方が、多くのお客様にとって理解しやすいからです。また、1時間未満については、30分単位で計算するとか、あるいは15分単位で計算するといった対処がなされます。もしくは、余った分を切り上げとか切り捨てにして扱うこともあります。いづれのケースにしても、時間料金型であれば、計算がしやすいのみならず、料金を請求される際に、「なぜこの金額になったのか」自分で理解することができるので、料金に対して非常に納得しやすいという大きなメリットが存在すると言っても、決して過言ではないのです。

関連記事

  1. パック料金型の浮気調査の特徴
  2. 浮気調査の費用の内訳
  3. 1時間あたりの浮気調査の費用
  4. 浮気調査における料金総額